イベント・講座

イベント・講座により、対象年齢や参加申込方法が異なります。
各イベントページをご覧の上、お申し込みください。
PDF版イベントカレンダー →

01月

2022年 2月

03月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

  • 休館日・臨時休館日
  • プラネタリウムのみ休止 ※科学館は開館

2022年 2月のイベント

サイエンスショー

サイエンスショー~ロケットショー~

日時: 2月6日(日) ①10:30~10:50  <整理券配布開始時刻>10:00 ②13:00~13:20  <整理券配布開始時刻>12:30 ③15:30~15:50  <整理券配布開始時刻>15:00
場所: 実験室
内容:

ロケットはどんな仕組みで飛ぶのでしょう?身近な素材を使ったロケットを紹介したあと、実際に目の前で様々な実験をしながらロケットが飛ぶ仕組みについて学びます

講演会

化粧の歴史~目は口ほどにものをいい~

日時: 1月29日(土)18:00~19:30
場所: 実験室
内容:

2021年冬の企画展「化粧展」関連イベント!化粧をすることにはどのような意味があるのでしょう?紀元前まで遡り、様々な古代の出土試料から見出せる化粧の意味とその文化についてお話いただきます。その他、様々な民族の化粧についてや、埴輪や出土品から見る古代の化粧についてもお話をいただきます。企画展の「魔よけと信仰の化粧」コーナーを深く知ることのできる講演会です。この日しか見られない展示物を、特別に使いながらお話しいただきます。大人向けのイベントです。

協力:国士舘大学イラク古代文化研究所、古代オリエント博物館

イベント

大人必見!お歯黒体験講座【満席になりました】

日時: 1月30日(日)16:00~17:30
場所: 実験室
内容:

2021年冬の企画展「化粧展」関連イベント!お歯黒化粧の歴史や意味、効果について詳しく解説します。そのあとは、実際に動物(サメ)の歯を染めてみる簡易的なお歯黒疑似体験をお楽しみいただけます。大人向けのイベントです。
※お歯黒体験をするため、当日は汚れても良い服装でお越しいただくか、汚れてもよいエプロンをご持参ください。

協力:紅ミュージアム

イベント

紅について学ぼう!紅染め体験講座【満席になりました】

日時: 1月30日(日)13:00~14:30
場所: 実験室
内容:

2021年冬の企画展「化粧展」関連イベント!「紅」とはなんでしょう?紅に関するお話をきいたあと、実際の紅の原料である紅花の花びらをつかって、ハンカチを染める体験をします。染めたハンカチはお持ち帰りいただけます。

※紅花染めの体験をするため、当日は汚れても良い服装でお越しいただくか、汚れてもよいエプロンをご持参ください。

協力:紅ミュージアム

ロボット講座

ギアチェンジ!レーシングカー!【満席になりました】

日時: 1月23日(日) ①12:00~13:30 ②15:00~16:30
場所: 実験室
内容:

レーシングカーのタイヤやギアを改造し、どんどんスピードアップ!直感的に組み立てられる「IQKEY」を使い、レーシングカーの開発に挑戦します。何度もチャレンジし、どのようにしたら速くなるのか何回でも試行錯誤してみましょう。

オンラインイベント

デジタル地球儀Sphere(スフィア)で見る、
「3.11から11年 地震・火山・プレートテクトニクス」
の話

日時: 2月10日(木)19:00~20:00 ◆このイベントはオンライン配信のみとなります
場所: オンラインのみの開催となります。
参加ご希望の方はこちらからお申込みください。
内容:

インタラクティブ地球儀SPHERE(スフィア)を用いた本講座では、これまで「大気と海、宇宙」、「地球温暖化、気候変動」、「宇宙・宇宙開発」、「生物多様性」について竹村先生にお話しいただきました。第5弾では「地震・火山・プレートテクトニクス」をテーマに11年前に起った東日本大震災にスポットを当てます。その発生メカニズムの基盤であるプレートテクトニクス、それがもたらす「恵み」にも眼を向けます。また近未来に想定される東海東南海地震・津波、首都直下型震災も見据え、創造的な予防減災の青写真をご一緒に考えたいと思います。

コロナ禍によるテレワークの急増により行動範囲が狭くなっている昨今ですが、地球から環境や社会を俯瞰し、世界の変化の「スピード感」をリアルに感じながら地球の未来を考え、想像してみませんか?

テーブルサイエンス

折り紙でつくる飛ぶ種子実験!

日時: 2月5日(土) 2月6日(日) 2月11日(金・祝) 2月12日(土) 2月13日(日) 2月19日(土) 2月20日(日) 2月23日(水・祝) 2月26日(土) 2月27日(日) 3月5日(土) 3月6日(日) 3月12日(土) 3月13日(日) 各日 9:30~16:30の間で、随時開催いたします。席が空き次第、順番にご体験いただけます。
場所: 多目的ロビー
内容:

植物はどうやって自分の子孫を残しているのでしょう?
植物の種子がどのようにして遠くまで運ばれるのか、様々な種子の形の折り紙を使って観察してみましょう。作った折り紙はお持ち帰りいただけます。

イベント

カラフル色変わり実験ショー

日時: 2月13日(日) 10:30~10:50 <整理券配布開始時刻>10:00
場所: 実験室
内容:

透明の液体に、別の液体を加えると・・・色が変わる?!実験をみたあとには、色が変わる理由を、家にもある身近な材料をつかってお話しします。最後には、絵を描くちょっとした工作もあります。

講演会

気象キャスター講演会「教えて 南さん!天気、防災、
そして 気になる花粉のこと」

日時: 2月13日(日)15:00~16:00
場所: 実験室
内容:

NHK気象キャスターの南利幸氏をむかえ、天気の話や、気象情報を暮らしや防災に活かすコツをお話いただきます。「秋から続いているラニーニャ現象はこの冬の天候にどう影響した?」「今年の花粉の飛散量はどうなる?」等、気になる旬の話題についても取り上げます。

星空ゼミ

電波で観測する渦巻銀河

日時: 2月13日(日) 15:50~17:20(途中休憩、質疑応答含む)
場所: プラネタリウムホール
内容:

銀河を観測する方法はいろいろありますが、宇宙から来る電波を受信して観測することによって、目には見えないガスがどのように分布しているのかがわかります。ガスは星の材料になるので、銀河の中でどういう星が生まれているのかを知ることができます。また、銀河がどう動いているのかも電波観測で知ることができます。ALMA望遠鏡や野辺山45m望遠鏡による研究成果を紹介しつつ、これらについてお話しします。
※プラネタリウムの星空解説はありません。
画像上:野辺山COMING プロジェクトで撮像した銀河の電波写真
画像下:野辺山宇宙電波観測所の45m電波望遠鏡

企画展

令和3年「宇宙の日」記念行事全国小・中学生作文絵画コンテスト 応募作品展

日時: 2月1日(火)~2月20日(日)
場所: 多目的ロビー
内容:

「もしも自分が宇宙飛行士だったら」をテーマに、昨年みなと科学館に応募のあった絵画と作文を展示します。受賞作品24点をを含む全57点をご覧いただけます。小学生・中学生の想像力豊かな作品をこの機会にぜひご覧ください!