イベント・講座

当面の間、感染拡大防止のため事前予約による入替制とさせていただいております。
詳しくは こちら をご覧ください。

2021年 1月

02月

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

  • 休館日・臨時休館日
  • プラネタリウムのみ休止 ※科学館は開館

2021年 1月のイベント

企画展

2021冬の企画展「月」展

日時: 2021年1月13日(水)~2月23日(火・祝)
場所: 多目的ロビー・常設展示コーナー
内容:

日本は2019年10月にアルテミス計画への参加を表明。2020年7月には文部科学省がNASAとの間で月探査協力に関する共同宣言に署名しました。さらにJAXAは2021年秋頃をめどに、宇宙飛行士の新規募集を実施すると発表する等、現在、「月」に注目が集まっています。

この企画展は、民間企業が、月探査に挑戦しているとりくみの最前線と、その技術をとりあげます。自動車や建築、衣服といった私たちの生活に身近な製品をつくっている企業のとりくみを通して、月探査や宇宙開発が「すぐそこにある未来」と感じてみませんか。

2022年に月に着陸予定の月着陸船の実物大模型や、JAXAとトヨタ自動車が研究中のルナクルーザーの模型(1/10スケール)などを交えて、月探査につかわれる技術をご覧いただけます。

また、プラネタリウムホールでは、企画展をより多角的な視点からご覧いただくため、当館初上映となる2本の特別番組、「イマジン・ザ・ムーン 月への想い」と、「MARS1001 火星に舞い降りる日」を上映します。
詳しくはこちらをご覧ください。

江戸時代からお月見の名所として親しまれてきた港区で、民間が挑戦している最先端技術に触れ、月探査が夢物語ではないことをご実感ください。

イベント

星と英語であそぼう!in プラネタリウム【満席になりました】

日時: 1月16日(土)、24日(日)、30日(土)午後1:00~1:40
場所: プラネタリウムホール
内容:

ネイティブの英語の先生とプラネタリウム解説員が、子どもたちとやりとりをしながら行う特別プログラム!英語で星を数えたり、自分だけの星座を作ったり・・・。英語での絵本の読み聞かせも行います。いっしょに、”星”と、”英語”であそびましょう。
※日本語でも、英語でも楽しめるプラネタリウムです。

テーブルサイエンス

今日の月の形は?

日時: 1月13日(水)~2月23日(火・祝) 各日①午前9時~11時②正午~午後2時③午後3時~5時 上記の時間帯に、随時開催いたします。席が空き次第、順番にご体験いただけます。 ※18時~20時の入場回には実施いたしません。
場所: 多目的ロビー ※テーブルサイエンスの参加に予約は不要ですが、ご入館にはご予約(先着)が必要です
ご入館のご予約はこちらから
内容:

新月から三日月~上弦の月~満月~立待の月~下弦の月~有明の月~新月へ。
日々移り変わる月の姿。
今回のテーブルサイエンスでは「月の満ち欠けカード」を使って月の姿が変わっていく様子を見てみましょう。カードはお持ち帰りOK。冬の企画展「月」展と合わせて、お楽しみください。

イベント

月面探査ゲーム「ムーンドライブ」

日時: 1月13日(水)~2月23日(火・祝)午前9:00~11:00、午後12:00~2:00、午後3:00~5:00 上記の時間帯に、随時開催いたします。席が空き次第、順番にご体験いただけます。 ※午後6時~8時の入場回には実施いたしません。
場所: 多目的ロビー
内容:

月探査ローバーを画面上の月世界で操作し、制限時間内に、水資源を集めよう!集めることができたら、なにがおこるかは体験するまでのおたのしみ!
写真:©株式会社ispace

プログラミング講座

ルナクルーザー月面探査ミッション編【満席になりました】

日時: 1月24日(日)、1月31日(日) 各日 ①午前9:30~11:00 ②午後12:30~2:00
場所: 実験室
内容:

ロボットトイ”toio(トイオ)”でパソコンを使わずにプログラミングが体験できるイベントです。
月面探査とプログラミングのつながりを紹介して、プログラミングの実践、最後はみなと科学館オリジナルの「月面探査ミッション」に挑戦します!
あなたはクリアできるかな?
※本イベントは、冬の企画展・関連イベントです
協力:ソニーインタラクティブエンタテインメント、トヨタ自動車株式会社

スーパーアカデミー講座

電波望遠鏡で太陽の温度を調べよう

日時: 2021年1月30日(土)、2月11日(木・祝) 午前10:00~午後4:00 ※講座後のプラネタリウムはご覧いただけません ※お昼休憩は、午後12:30~午後1:15(45分間)です。昼食をご持参ください。
場所: 実験室
内容:

本講座では、ホームセンターや電気部品のお店で手に入れた材料でできた電波望遠鏡と、参加者が自作した検波器を使って、地球から約1億5000万 km離れた太陽の温度を測定します。

そして、得られた結果をもとに、科学者の探究の過程(仮説設定→実験検証→結果・結論→発表)を体験します。実際の研究プロセスを体験することで、実験ノートの取り方、実験値の扱い、グラフの作り方等、研究結果やデータ処理、研究倫理(研究のルール)の基本を身に着けていただけるほか、ディスカッションを通して考える力や自分の考えを伝える力を養うきっかけにしていただきます。

本講座は1日6時間の完結で、1月30日(土)と2月11日(木・祝)の講座をご用意しています。
キミもみなと科学館で研究者への一歩をふみだそう!

なお、本講座は16時に終了するため、プラネタリウムの観覧はできません。