プラネタリウム

これまでに上映した作品

星空散歩~皆既月食を見よう~
タイトル: 星空散歩~皆既月食を見よう~
内容: 5月26日、皆既月食が起こります。特別な道具を使うことなく、お子さんから大人の方まで観察し楽しめる天文現象です。皆既月食がどのような現象で、どのような仕組みで起こるのか、また観察する際のポイントもご紹介します。また、今後の月食についてもご紹介します。

画像提供:(C)国立天文台
対象: どなたでもご覧いただけます。(小学校高学年以上の方におすすめです)
定員: 60名
観覧料: 一般投影の観覧料にてご覧いただけます。
※未就学児は無料観覧券が必要です。窓口にてお受け取りをお願いします。
HAYABUSA2~REBORN・帰還バージョン
タイトル: HAYABUSA2~REBORN・帰還バージョン
内容: 小惑星リュウグウでの探査を成功させ、地球への帰還をめざすはやぶさ2。地下資源から太陽系誕生の秘密に迫る、壮大な旅の軌跡を描き、驚きに満ちた小惑星探査の過程を緻密に再現。HAYABUSA三部作の完結編として、はやぶさミッションの10年の歩みを締め括ります。プラネタリウムならではの迫力ある全天周デジタル映像で、はやぶさ2の果敢な挑戦をお楽しみください。
※星空解説(10分)と「HAYABUSA2~REBORN・帰還バージョン」ショート版(30分)の投影になります。

画像提供:(c)HAYABUSA2~REBORN 製作委員会
対象: どなたでもご覧いただけます。(小学生高学年以上の方におすすめです)
定員: 60名
観覧料: 一般投影の観覧料にてご覧いただけます。
※未就学児は無料観覧券が必要です。窓口にてお受け取りをお願いします。
ヒーリングアース
タイトル: ヒーリングアース
内容: 本物の絶景を見たことがありますか? 南米・ウユニ塩湖の湖面が鏡のように映し出す星空、北欧・スヴァールバル諸島の極夜に現れる色彩が変幻自在に変化するオーロラ、ハワイ島にある国立天文台すばる望遠鏡の超高解像度カメラHSCが捉えた高精細な星々の姿。
全てを20K以上の実写画像を基に映像化、更にSEKAI NO OWARIやYuccaなどの琴線に触れる楽曲、声優・櫻井孝宏の心を癒やす語りでお届けする、究極のヒーリング科学番組です。

画像提供:(C)2020 NHK (C)NED/D&Dピクチャーズ
対象: どなたでもご覧いただけます。(小学生高学年以上の方におすすめです)
定員: 60名
観覧料: 一般投影の観覧料にてご覧いただけます。
イナズマデリバリー バイザウェイの宇宙旅行?! ブラックホールとの遭遇
タイトル: イナズマデリバリー バイザウェイの宇宙旅行?! ブラックホールとの遭遇
内容: 地球から遠く離れた、どこかの惑星に住む宇宙人・バイザウェイ。地球のサメに会うために宇宙に飛び出した!いろいろな銀河やブラックホールなど、バイザウェイは摩訶不思議な天体の姿に興味深々になりながら、地球に向かいます。バイザウェイは、地球のサメに会えるかな?!私たちの周りにもまだ知らない世界が広がっていることを感じてもらえる作品です。解説員による、星空解説があります。
本作品の投影スケジュールはこちらから
ご予約はこちらから
対象: どなたでもご覧いただけます。(未就学児から大人までお楽しみいただけます。ファミリーにおすすめです)
定員: 60名
観覧料: 一般投影の観覧料にてご覧いただけます。
未就学児は無料観覧券が必要です。窓口にてお受け取りをお願いします。
星屑の鉱石ラジオ -宇宙の創生 インフレーション理論-
タイトル: 星屑の鉱石ラジオ -宇宙の創生 インフレーション理論-
内容: 宇宙のごく初期に、とてもわずかな時間でおきた急膨張「インフレーション」。この膨張に続いて、火の玉宇宙となり、いわゆる「ビッグバン」が起こりました。難しく捉えられがちな理論物理学の世界を、美しい映像と音で表現。本来、人の耳では聞くことのできない周波数の「波」を、可聴領域まで周波数を変換することで、私たちの世界にあふれる「波」をイメージ音として再現しました。ファンタジー世界を舞台としながらも、確かな科学考証に基づいたサイエンス番組です。解説員による星空解説があります。
本作品の投影スケジュールはこちらから
ご予約はこちらから
対象: どなたでもご覧いただけます。(小学生以上の方におすすめです)
定員: 60名
観覧料: 一般投影の観覧料にてご覧いただけます。
未就学児は無料観覧券が必要です。窓口にてお受け取りをお願いします。
望遠鏡が解き明かす宇宙
タイトル: 望遠鏡が解き明かす宇宙
内容: みなと科学館オリジナル番組!望遠鏡による天体観測の時代は1609年に幕を開けました。初めて夜空に向けられた望遠鏡には、誰も見たことのない世界が広がっていたのです。
以来、より遠くの宇宙を観測し、誕生したころの宇宙の姿に迫り続けてきた天文学の進歩は、望遠鏡の発達とともにあったといえます。望遠鏡は私たちが知る宇宙の地平線をどのように広げてきたのでしょうか。解説員による、星空解説もあります。
本作品の投影スケジュールはこちらから
ご予約はこちらから

画像提供:NASA, ESA, the Hubble Heritage Team (STScI/AURA), A. Nota (ESA/STScI), and the Westerlund 2 Science Team
対象: どなたでもご覧いただけます。(小学生高学年以上の方におすすめです)
定員: 60名
観覧料: 一般投影の観覧料にてご覧いただけます。
未就学児は無料観覧券が必要です。窓口にてお受け取りをお願いします。
港区の時刻(とき)と星空散歩
タイトル: 港区の時刻(とき)と星空散歩
内容: みなと科学館オリジナル番組!何気なく流れ去っていく“時”という視点から、港区の「歴史」「四季」「一日」にフォーカス。全天球ドローンやタイムラプス撮影などによる“時”の流れを凝縮した映像で、日常に潜む非日常的な「港区の時刻(とき)」を体感してください。また、プラネタリウム解説員による 、当日の日の入りから、翌日の日の出までの星空生解説を約30分間、ご覧いただけます。最新鋭のプラネタリウム光学式投影機「オルフェウス」によって映し出される満天の星を、都会の真ん中でお楽しみください。
本作品の投影スケジュールはこちらから
ご予約はこちらから
対象: どなたでもご覧いただけます。(小学生以上におすすめです)
定員: 60名
観覧料: 一般投影の観覧料にてご覧いただけます。
未就学児は無料観覧券が必要です。窓口にてお受け取りをお願いします。
まくまくんの星空大冒険~春の星座~
タイトル: まくまくんの星空大冒険~春の星座~
内容: 「まくまくん」は、同居人の「あの子」の帰りを待って、楽しく、ちょっぴり切なく、お留守番をしているぬいぐるみのクマくんです。今日はお絵かきをしながらお留守番。スケッチブックにロケットの絵を描いていると・・・いつのまにか、そのロケットで、まくまくんは星の世界へ!星空の大冒険がはじまります!本作品の中では、ストップモーションアニメーションもご覧いただけます。当館の解説員による星空解説もあります。
本作品の投影スケジュールはこちらから
ご予約はこちらから
対象: どなたでもご覧いただけます。(小学校低学年までのお子様とそのご家族におすすめです)
観覧料: 一般投影の観覧料にてご覧いただけます。
未就学児は無料観覧券が必要です。窓口にてお受け取りをお願いします。