イベント・講座

MSM_MoonExhibition_01

企画展

2021冬の企画展「月」展

日時: 2021年1月13日(水)~2月23日(火・祝)
内容: 日本は2019年10月にアルテミス計画への参加を表明。2020年7月には文部科学省がNASAとの間で月探査協力に関する共同宣言に署名しました。さらにJAXAは2021年秋頃をめどに、宇宙飛行士の新規募集を実施すると発表する等、現在、「月」に注目が集まっています。

この企画展は、民間企業が、月探査に挑戦しているとりくみの最前線と、その技術をとりあげます。自動車や建築、衣服といった私たちの生活に身近な製品をつくっている企業のとりくみを通して、月探査や宇宙開発が「すぐそこにある未来」と感じてみませんか。

2022年に月に着陸予定の月着陸船の実物大模型や、JAXAとトヨタ自動車が研究中のルナクルーザーの模型(1/10スケール)などを交えて、月探査につかわれる技術をご覧いただけます。

また、プラネタリウムホールでは、企画展をより多角的な視点からご覧いただくため、当館初上映となる2本の特別番組、「イマジン・ザ・ムーン 月への想い」と、「MARS1001 火星に舞い降りる日」を上映します。
詳しくはこちらをご覧ください。

江戸時代からお月見の名所として親しまれてきた港区で、民間が挑戦している最先端技術に触れ、月探査が夢物語ではないことをご実感ください。
場所: 多目的ロビー・常設展示コーナー
対象: どなたでも
参加費: 入場無料
ご入館のご予約はこちら