イベント・講座

005_040_DSCF1251A

港区立みなと科学館・気象庁・自然科学研究機構 連携講座

熱中症を科学する
ーヒトにとっての暑さの影響とその対策を考えようー

講師: 早稲田大学人間科学学術院 人間科学部 教授 永島 計氏
自然科学研究機構 研究力強化推進本部 特任准教授 坂本 貴和子氏
日時: 8月21日(日)
13:30~15:00
内容: 熱中症を防ぐためには、正しく自分がいる環境を知り、自分の体調や暑さへの対応、さらにその能力を知る必要があります。本講座では早稲田大学で体温、体液の調節メカニズムの解明を研究している永島計教授から、私たちが科学的な理由を考えながら暑い夏を健康で安全に過ごせるようになるお話をしていただきます。

※オンラインで配信される動画をご視聴される方は、こちらから
所要時間: 90分
場所: 実験室・オンライン配信有り
定員: 40名(実験室で参加される方)※お電話での事前予約(先着順)となります。03-6381-5042(受付時間10時~17時)までお電話ください。
※オンラインで配信される動画をご視聴される方は、こちらから
対象: 小学校高学年(5年生)以上
参加費: 無料